ディレクトリ検索とページ検索【有名コスモ】株式会社コスモ&カンパニー

SEO対策ホームページ制作・インターネットのコンサルタント
SEO中心SEO対策中心のコスモカワラバン「コスモ&カンパニー」cosmo&company

SEO中心のコスモカワラバン「コスモアンドカンパニー」

【有名コスモ】
Yumeicosmo
(株)コスモ&カンパニー
cosmo&company.Inc
有名コスモ系広告site

有名コスモ系運営site


SEO中心のページへ飛びます
携帯電話mobile版

http://www.seo-cosmo1.jp/
SEO対策 ホームページ制作
LINK FREE!

【有名コスモ】コスモ&カンパニー

ディレクトリ検索とページ検索

SEO/SEMとは

SEO/SEMは、近年のインターネット人口の増加と情報の多様化、
さらには商用目的での利用に対する有効な手段として、注目を集める技術です。
インターネットビジネスを展開するに当たって、
これらSEO/SEMは非常に重要な意味を持っています。

◆ディレクトリ検索とページ検索◆

ディレクトリ検索 さて、日本のインターネット検索エンジンにおいてはYahoo!japanGoogleが二大勢力であることは先程触れました。
この二つのインターネット検索エンジンには大きな違いがあります。
それが「ディレクトリ検索」「ページ検索」です。

「ディレクトリ検索」とは、Webサイト単位での検索を意味します。

ディレクトリ検索の場合、検索エンジンの主催者が自ら探したWebサイトや推薦されたWebサイトを検証し、さらにそれらのWebサイトを手動で選別し、検索に使用されるWebサイト検索データベースに登録しています。
従ってWebサイトの検索結果に対する信頼性は高いのですが、ページ検索に比べWebサイトの登録量は少なく、またWebサイトの主催者の主観やさまざまな事情によって掲載されたりされなかったりと言うことがあります。

インターネット検索エンジンを使用する際は、ある程度のキーワードを検索エンジンが設定しており、そこからの絞込みによる検索が主体となります。

一方、「ページ検索」とはWebサイトを構成する1ページ1ページ全ての検索を意味します。

クローラー、もしくはスパイダーとよばれるWebサイト自動解析プログラムを使用することで、Webサイトに掲載される文字情報を自動収集します。
その中で重要だと思われる単語を独自の基準において自動的に分別し、インターネット検索データベースに登録して行くやり方です。

プログラムによる自動選別なので、検索結果の信頼性は低くなりますが、圧倒的な登録量を誇り、一定の基準による検索結果を得ることができます。 ページ検索

ページ検索を使用するときには、ユーザーがもっとも自分の希望する結果を得られるであろうキーワードを設定し、それを入力することによって検索することになります。

ちなみに、クローラーやスパイダーは「ロボット」という言われ方をされることもあり、ここからページ検索を「ロボット検索」と呼ぶ事もあります。

Yahoo!japanは、日本最大手のディレクトリ型検索エンジンで、量・質共に他の追随を許していません。
厳密にはページ検索も併用と言う形をとっていますが、これはあくまでもディレクトリに反映しなかった場合の補足という扱いになっています。

一方、Googleは完全なページ型検索エンジンの世界最大手であるといえます。
このように、同じ検索エンジンでありながら全く違う手法で検索結果を返すYahoo!japanGoogleが、日本のインターネットにおける検索エンジンの双璧となっているのです。

なお、検索エンジンをもちいてインターネットWebサイトの検索をする場合、一つの単語をキーワードとして設定するよりも、複数の単語を用いて検索(絞り込み検索)したほうがより信頼性の高い検索結果を得ることができます。

追記:2005年10月3日より、Yahoo!japanは検索結果の表示を、これまでのディレクトリ検索中心の方式からページ検索中心の表示方式に切り替えています。これは、ヤフーのロボット検索精度が上がったこと、昨今のBlogの流行によってWebページの更新頻度が早くなり、検索結果の頻繁な順位変更の必要に迫られたことで手動登録であるディレクトリ登録の限界を超えてしまったことが原因だと思われます。



copyright(c)2004 cosmo&company cosmoandcompany.cosmocosmo.net/ All rights reserved.
■Produced by.cosmokawaraban.netcosmocosmo.net
掲載されている全ての情報及び文章・画像の無断転載・複製を禁止します。